気温差にびっくり!・・しなくなるよ♪屋外の温度・湿度も一目でわかっちゃう

当ページのリンクには広告が含まれています。
温湿度計アイキャッチ2

窓の外に雲一つない晴天だと、「今日は暖かいだろうな」と思って外に出たときに

寒くてびっくりしたことはないですか?

室内はエアコンをつけて快適ににすごしているため、我が家はよくあります(笑)

アウターを温かいものに替えにもどったり、羽織を取りに家の中にもどったり

そうすると、なんか服ちがうな?と思って、ちょっと着替えてしまったり( ;∀;)

そんなことがあり、外の気温がわかるものがないかな・・・と思っていて

夫は乾燥が気になるみたいで、湿度がわかるものが欲しい・・・といわれていました

この2つをかなえられる、便利な温湿度計を発見しました

外の気温などがわかることは、とても便利でした

季節の変わり目には、大活躍です!!

目次

室内・屋外の気温・湿度が一目でわかっちゃう!

我が家が買ったのは、CITIZEN(シチズン) 温湿度計THD501

タイトル通り、一目で室内と屋外の気温・湿度がわかります

これで、出かけるときの服装を、外に出て確認したり、着替えに戻ったりしなくて済みます

湿度もわかるので、エアコンをつけていて湿度が低いときは、子供に飲み物を渡したり、加湿器をしたりと乾燥対策ができます

夜に湿度が高いと、次の日は雨の率が高かったり、洗濯物が渇きにくい率が高いので

夜に洗濯をして、浴室乾燥をする目安にしたりします

裏面です。壁掛け用・卓上用の穴などがあります

凸凹していないので、壁に掛けるときグラグラしたりしないです

子機は、表示窓1か所しかありませんが、4秒ごとに気温・温度が入れ替わり表示されます

セットも簡単

本体・子機に、それぞれ単三電池3本をいれると通信が始まり、少し待つと表示されます

説明書とにらめっこして、セットをする必要はありません

※設置場所や気を付けなくてはいけないことがあるので、説明書は読んでください

本体と子機は、1分ごとに通信をしてくれるので、リアルタイムの状況がわかります

電池の寿命は、約1年です

電池が少なくなると、マークが表示されるので交換時期がわかりやすいです

熱中症対策もできます

夏時期に重宝する機能です

注意・警戒・厳重警戒・危険 の4段階で表示があります

本体と子機の両方が、それぞれ表示されるので、それぞれで対策ができます

引用:シチズン・システムズ(株) https://www.citizen-systems.co.jp/health/products/thd501.html

※現在冬で指標が表示されないため、公式サイトからお借りしましたm(_ _)m

気温が低くても、湿度が高いと「警戒」になったりするので

早めにエアコンをつけるなどして、対策をしてください

ジョギングや子供を外で遊ばせる時にも、目安ができて役立ちます

本体・子機はどこに置く?

本体と子機の通信距離は約30mです

我が家は、本体をリビングの壁に

子機は、外の軒がある物干し竿にぶら下げています

防滴ではありますが防水ではないので、雨が当たらないところにセットします

子機は、外に設置しないといけないわけではありません。屋内で使ってもいいです

子供(赤ちゃんが寝ている)部屋高齢者のいる部屋に置いて、温度湿度の確認をすることもできます

本体は卓上にすることもできます

裏面にある棒を、下の穴に差し込むだけ!

収納場所もあるので、なくす心配がありません

壁に穴を空けられなかったり、移動させたりするときに便利です

さいごに

使い始めて、1年くらい経ちます

出かけるときの子供の服選びが楽になりました

玄関を開けた時の「この服ダメじゃん(><)」がなくなりました

外の気温や湿度がわかるのは、思った以上に便利でした

とても活躍してくれています

この記事を書いた人

ご訪問ありがとうございます。

30代後半の主婦です。
夫、小学2年生と年長の娘と、私の4人暮らし。
生活の中で、困ったことなどが、少しでも解決できるようなブログを目指しています(^^)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次